資源ゴミのリサイクル過程調査レポート

リサイクル過程を理解しよう

ペットボトルのリサイクル過程

ペットボトルは、繊維製品に生まれ変わります。
圧縮及び梱包されたペットボトルは、リサイクル工場でバラバラにされた後、ペットボトルではないものや着色しているものを手で選別していき、X線での判別を用いて、塩ビ素材のものを除去します。
さらに、金属類が混入している場合が認められるため、磁石を用いた金属異物の除去も行います。
その後、ペットボトルは粉砕され、洗浄工程を繰り返し行って汚れを落とします。そして、細かい粒状にしたフレークまたはペレットになります。
このフレークとペレットが、布製品を扱う工場へ出荷されます。その工場でフレークまたはペレットは、熱で溶かされることで糸にされ、わたや紡績糸となり、布製品に再利用されます。

ガラス瓶のリサイクル過程

ガラス瓶は、もう一度ガラス瓶に生まれ変わります。
市町村で、異物の除去後、手作業で回収されたガラス瓶は色ごとに分別されています。その後、ガラス瓶リサイクル工場が引き取ります。
工場に到着した後に、陶磁器やプラスチックなどの異物を手作業で取り除きます。
選別されたガラス瓶は、破砕され、ラベルや汚れを除去するために水洗されます。
水洗された破砕ガラスは、磁気選別でスチールのキャップと分別されます。
耐熱ガラスや哺乳瓶などといった空き瓶以外のものとの選別もさらに行います。これらは、製瓶のときに、溶けずに残りやすいことから割れやすい瓶ができてしまう可能性が高いため、選別が必要となってきます。
そして、目視検査を経て、空き瓶を細かく砕いたカレットが完成し、製瓶工場へ出荷されます。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ
TOPへ戻る